IDというラッパーをご存知でしょうか?フリースタイルダンジョンが2代目モンスターになってから初登場したラッパーですが、グルーヴィーで音楽性抜群なラップが特徴です。

2017年秋ごろに一度チャレンジャーとして出場した際には崇勲を撃破しACEと熱戦を繰り広げました。そして、今年3月にブラックモンスターとして出場した時にはDOTAMAを一発クリティカルで沈める強さを見せました。

そんなIDは、なにやら次のモンスターになるとかならないとかいう噂が立っていて注目を集めていますが、実際にどれほどのバトルの実力があるのでしょう?

フリースタイルダンジョンでIDが勝った試合

ここでは個人戦・団体戦含めIDが勝った試合を上げていきます。

下の動画は2017年秋にチャレンジャーとして一人で参戦した時に1人目のモンスター・崇勲と対戦した時のバトルです。

クリティカル判定は予想外でしたが、IDの喜びよう凄いですね…笑
崇勲の返した言葉にしっかりとアンサーをするだけではなく、上手くビートに乗せて心地よくラップしたことにポイントが加算されていったのではないでしょうか?

続いて、下の動画は今年冬~春に放送されたブラックモンスター回の個人勝ち抜き戦でIDがDOTAMAと対戦したときのバトルです。

DOTAMAの相変わらず痛烈なディスが炸裂しますが、IDはアンサーを返しつつDOTAMAをディスり返しました。IDの凄いところはアンサー返したりディスりつつもラップが崩れないところです。IDのラップのスキルの高さが伺えます。

フリースタイルダンジョンでIDが負けた試合

2017年秋ごろにチャレンジャーとして出演した時には、1人目の崇勲を倒し2人目のACEとも対戦しました。
バトル中にお互い「マイメン」と言っており、普段からの仲の良さがラップにも表れましたね。

ROUND1

ROUND2

IDの良いところですが、バトルであってもエンターテインメントを忘れず純粋でラップを楽しむこと、そしてお客さんを楽しませることを忘れません。それもあってか、ディスやライミングなどバトルで勝つために重要な要素が甘くなりこの試合ではACEが勝利しました。

続いては、今年3月に放送された回でブラックモンスターとして出演したIDがFORKと対戦した時のバトル動画です。

まさかIDがFORKと戦うなんて、意外な組み合わせにそれだけで上がりました。
しかも純粋にラップを楽しんで会場を盛り上げるIDと、徹底的にライミングにこだわるFORKとではスタイルが全く違うためどんなバトルになるのか全く想像がつきませんでした。

そして、いざ対戦してみるとFORKのクリティカル勝利。たしかに「物凄く奥を掘り下げるFORKの登場だ」のリズミカルなライミングや「LIBRO 月曜 ミクロ」のくだりは本当に滑らかで聞き心地の良いライミングで、FORKの勝利に納得がいく試合でした。
この試合では、IDがベテランレジェンドを相手に思い切って踏み込んでいけず、「リスペクトしてます感」満載の内容になってしまったのが大きな敗因かなと思います。そして、IDの持ち味であるラップで観客を盛り上げるところも薄れてしまっていたように思えます。

まとめ

IDは基本的に相手をリスペクトしながらラップするので、自分から積極的にディスりに行かないスタイルであることが分かりました。

しかし、相手からディスられればアンサー返しつつディスり返すので、全くディスらないわけではありません。

本当に3代目モンスターに抜擢されるかどうかは分かりませんが、IDの気持ちいラップが聞けるようになれば嬉しいですね!