【100日後に食われる豚】飼い主は本当に食べる?最終日を考察!

YouTubeチャンネル『100日後に食われるブタ』が今話題沸騰中です。

生後3ヵ月のオスのミニブタ「カルビ(愛称:カル様)」の、食べるまでの100日間を毎日動画にしています。

5月25日からカウントダウンが始まり、6月3日に『10日目』を迎えました。

昨年話題になった『100日後に死ぬワニ』のオマージュであることが分かりますね。

YouTubeのコメント欄や、Twitterでは「本当に食べるのかな?」という疑問が寄せられています。

そこで今回は、『100日後に食われるブタ』の飼い主は本当にミニブタを食べるのか。最終日について考察しました!

【100日後に食われる豚】最終日”100日目”はいつ?

【100日後に食われるブタ】カル様
【100日後に食われるブタ】カル様

  • 名前:カルビ(愛称:カル様)
  • 性別:オス
  • 出生日:2021年2月27日
  • 性格:甘えん坊で食いしん坊

5㎏もないかと思われる、かわいらしいミニブタのカル様。

【100日後に食われる豚】は5月25日に始まりました。

このことから、100日後の“Xデー”は何月何日になるでしょうか?

最終日“Xデー”はいつ?

【100日後に食われるブタ】の最終日。

100日目は、9月11日です。

5月25日に始まり、6月3日現在10日目を迎えました。

ここから計算すると、100日目は9月11日になります。

100日目(最終日)= 9月11日

【100日後に食われるブタ】本当に食べる?最終日を考察

YouTubeチャンネル【100日後に食われるブタ】のコメント欄や、Twitterを見てみると、

「本当に食べるの?」という疑問の声が多く上がっています。

中には「どうせ食べないだろ」という声も。

 

【100日後に食われるブタ】の飼い主は本当に食べるのでしょうか?

本当に食べる。だけど○○

100日後に食われるブタ

私見ですが、本当に食べると考えています。

だけど、「飼い主が食べる」とは述べられていません。

そう。

チャンネル主(飼い主)は「自分が食べる」とは一言も言っていないのです。

ただ、食いもせず、殺しもせず、100日経過した後も飼い続ける…という可能性は極めて低いと考えています。

単なる嘘つき・詐欺ですからねそれはw

なので、本当に食べると思われますが「誰が食べるのか」「どのように食べられるのか」に注目していきたいです。

最終日はどんな感じの動画になる?

最終日(100日目)はどんな感じの動画になるのでしょうか?

まさか、殺して解体するところを動画にしてしまうのか。

その”まさか”はないと考えています。

そんなグロテスクな動画を流そうものなら、100%制限がかかりますし、場合によってはアカBANになる可能性もあります。

「屠畜場」に預けられる

と畜場

ブタや牛などの家畜は、法律で決められた場所でしか解体してはいけません。

法律で決められた、家畜を解体して食用肉に加工する施設を「屠畜場(とちくじょう)」と言います。

漢字の制限で「と畜場」と書かれる場合が多いです。

飼い主が自宅で自分で殺し、解体することはまずありえません。

「と畜場」へ移送する流れになる可能性が高いでしょう。

解体の工程は動画にしない

最終日(100日目)の動画は、おそらく…

  • 自宅でカル様とお別れ
  • 解体~食肉加工までの「工程」は撮影しない
  • 食用肉になったカル様を調理して食べる

コンプライアンス的に、解体し食肉加工にする様子はまず動画にしないはずです。

そのため最終日(100日目)は、カル様と自宅で悲しいお別れとなり、

食用肉となったカル様が手元にある状態になるまで、シーンが飛ぶと思います。

それから悲しいBGMとともに、自宅で調理され最後は食べられると…

タイトルが【100日後に食われるブタ】なので、「最後は食べられる」というオチは決まっているはずです。

「本当は食べてない」批判は必ずある

9月11日に最終日(100日目)を迎えますが、必ず「本当は食べてないだろ」という批判が上がります。

カル様を解体し、食肉加工するまでの様子は動画にしないと思われるので、そこで捏造することも可能だからです。

例えば、

  • カル様は出荷するか、隠れて飼うか、誰かに譲渡する
  • スーパーで買った豚肉を調理して食べ、差し替える

など。

「本当にカル様を殺して食べた」証拠を提示することが難しいので、「本当は食べてないだろ」という批判は必ず上がるでしょう。

【100日後に食われるブタ】飼い主はサイコパス?

【100日後に食われるブタ】の飼い主はどんな人なのでしょか。

「サイコパス」だと思う人も一定数います。

飼い主は顔も声も非公開ですが、判明している情報もあります。

カル様の『飼い主』は既婚者の女性

【100日後に食われるブタ】カル様の飼い主は

  • 女性
  • 既婚者

であることが、動画で分かりました。

女性とは意外ですね。

100日後に食われるブタの飼い主

動画では、顔意外は写っていますが、胸のふくらみから女性であることが分かります。

ファッションや、腕がツルツルすべすべであることからも、女性のような雰囲気が感じ取れます。

また、左手薬指に指輪をつけてることから、既婚者だということも分かります。

飼い主はサイコパス?

100日後に食べることを前提に、ブタを可愛がりながら飼っている様子を動画にしていることに「サイコパス」だと感じる人も一定数います。

YouTubeのコメント欄では「今すぐやめてください!」「かわいそう」「飼い主どうかしてる」などの批判意見も、やはり一定数あります。

サイコパスではない?

このような批判に対して、「いや、あなただって豚肉食べているでしょ?」というアンサーはよくされています。

日本ではイスラム教やユダヤ教が浸透していないので、ほとんどの人が豚肉を食べています。

ネット掲示板『2ちゃんねる』創設者のひろゆき氏も、

「『可哀想』『残酷』という批判は、『いやいや、お前らもブタ食ってんじゃん』ってのがあるので通用しない」」と肯定するコメントをしました。

個人的にはサイコパスだと感じる

私個人的には、飼い主に”サイコパス味”を感じます。

「ブタを食べること」でも「ブタを殺すこと」でもなく、

「食べることを前提にしながら愛情注いで飼ってる」「それをエンタメとして動画にしている」という部分です。

私たちが罪悪感なく豚肉を食べれるのは、育った過程や殺すところを見ていないからです。

「ブタ」という点では、たしかに飼いブタの豚肉も、スーパーの豚肉も同じです。

しかし、「愛情を注いで飼っている」という時点でそれは犬や猫と同じペットです。

畜産農家みたいに、仕事としてやっているのとも訳が違います。

100日後に食われる豚

食べることを前提に自宅で飼育し、愛情を注ぎ、ポップな感じのコンテンツにしてる点で、
私は「サイコパスだなぁ」と飼い主の人間性を疑っています。

ただ一つ言いたいのは、

  • 飼い主の人間性は疑っているけど
  • 【100日後に食われるブタ】というコンテンツには肯定的

ということです。

コンテンツ的には面白いけど、仮に友達がそれをやっていたらドン引きするというイメージです。