マツコ「だからつまんないサラリーマンしか」就活で学生時代の「楽しい写真」提出にツッコミのポイントをまとめてみた

引用元の日刊スポーツ様はこちらから


# マツコ・デラックス 就活シーンの現状に一言【5時に夢中!】

タレントのマツコ・デラックス(51)が8月8日、TOKYO MXの人気番組「5時に夢中!」に月曜コメンテーターとして出演。今回彼が注目したのは、大学生が就職活動の書類に「楽しい写真」を求められるという現状についての話題でした。

## 就職活動における「楽しい写真」の役割とは?

日本の就職活動は年々変化しており、その中でも特に注目されているのが「楽しい写真」についての要求です。就活生たちは自分の学業や経験をアピールするための書類に、自分たちの笑顔や楽しい瞬間を収めた写真も添付するよう求められています。

これについてマツコ・デラックスは次のようにコメントしました。「就職活動って、本来は自分がどれだけその会社で役に立つかをアピールする場でしょう。それが今や楽しい写真まで求められるなんて、一体何が基準になっているのか」と、その新たな風潮に疑問を投げかけました。

## マツコ・デラックスの反応

マツコ・デラックスは、元フジテレビアナウンサーの立場もあり、メディアの世界での就職活動についても詳しい知識を持っています。彼のコメントは続き、「写真一枚でその人の何がわかるのか。もし写真が重要だとすれば、それは外見で人を判断する社会になってしまったということでは?」と、現代の就活の問題点に対して深い懸念を示しました。

## テレビ業界の就活事情

実際にマツコが経験したテレビ業界の就活事情についても語りました。彼によると、昔からテレビの世界では「見た目」がある程度重要視されてきたと言いますが、それでも「楽しい写真」などは一切要求されていなかったとのこと。むしろ、実力と才能が重視されていた過去の就活の方が、本質的な評価がなされていたとの意見を述べました。

## 若者へのメッセージ

最後に、現在就活中の若者たちに対して、マツコ・デラックスは次のようなメッセージを送りました。「写真に左右されることなく、自分の強みや長所をしっかりアピールしてください。写真や外見で評価されるべきではありません。努力や才能が必ず認められる時がきます。」

マツコの重みのある言葉は、多くの就活生たちに勇気と自信を与えました。今回の放送を通じて、彼は現代の就職市場が持つ歪みを浮き彫りにし、これからの社会のあり方について考える重要な一歩となりました。

今後、テレビや他のメディアでもこの話題がどのように取り上げられ、議論されるのか、引き続き注目していきたいと思います。

この記事が、就職活動に向かうあなたや、その家族、友人たちにとって、少しでも参考になれば幸いです。これからの未来が希望に満ちたものとなるよう応援しています。

あなたにオススメ

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ