ローソン、食品ロスや購買機会ロスの削減へ 手巻おにぎり5品、消費期限6時間延長: J-CAST ニュースのポイントをまとめてみた


引用元のJ-cast様はこちらから
ローソンは2024年7月9日から、全国約1万3000店舗で販売する「手巻おにぎり」5種の消費期限を6時間延長すると発表。この延長により、「シーチキンマヨネーズ」や「熟成紅鮭」などの人気商品で食品ロスや購買機会ロスの削減が期待される。これは同社の食品ロス削減の取り組みの一環で、2025年までに2018年比25%削減、2030年までに50%削減を目指す施策。ローソンは持続可能な社会の実現と地球環境に配慮した取り組みを今後も進める予定。

ローソン、全国店舗でおにぎりの消費期限を6時間延長へ

もくじ

はじめに

ローソンは、2024年7月9日に、全国およそ1万3000店舗で販売するおにぎり5種類の消費期限を6時間延長することを発表しました。これは、原材料管理や衛生管理の徹底による措置です。この記事では、この取り組みについて詳しく解説します。

問題解決に向けたローソンの取り組み

ローソンは、食品ロスや購買機会ロスの削減を目指し、様々な取り組みを行っています。この度の消費期限延長もその一環です。以下に具体的な情報を示します。

対象のおにぎりと背景

対象商品

消費期限が延長されるおにぎりは以下の5種類です:

  • 手巻おにぎり シーチキンマヨネーズ
  • 手巻おにぎり 熟成紅鮭
  • 手巻おにぎり 北海道産日高昆布
  • 手巻おにぎり 熟成紀州南高梅
  • 手巻おにぎり 熟成辛子明太子

背景と理由

ローソンによると、これらのおにぎりは、同社のおにぎり販売数の約3割を占める重要な商品です。そのため、消費期限を延長することで、食品ロスや購買機会ロスの削減が見込めると説明しています。

目標と持続可能な社会の実現

環境への配慮

この措置は、ローソンが推進する持続可能な社会の実現に向けた取り組みの一環です。同社は、地球環境に配慮した活動を積極的に進めており、消費期限延長もその具体的な施策の一つです。

食品ロス削減目標

ローソンは食品ロス削減のために、以下の目標を掲げています:

  • 2025年には2018年対比で25%の削減
  • 2030年には同50%の削減

これらの目標達成に向けて、今後も各種取り組みを続けていく方針です。

まとめ

ローソンが今回発表したおにぎりの消費期限延長は、食品ロス削減や購買機会ロスの削減に向けた重要な一歩です。同社は引き続き持続可能な社会の実現に向けて、地球環境に配慮した取り組みを進めていくとしています。

私たち消費者も、こうした企業の取り組みを理解し、協力していくことが求められています。食品ロスの削減は、全ての人が参加できる身近なエコ活動です。ローソンの新たな取り組みに注目し、応援していきましょう。

あなたにオススメ

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ