エドはるみの現在は格闘家!?クラヴマガや零距離戦闘術を習ってた!

2008年ごろに大ブレイクし、「グゥ!」が流行語大賞にもなったお笑い芸人・エドはるみさん。

ここ数年はあまりテレビで姿を見ることもありませんが、現在何されているのか気になりますよね。

実は最近、エドはるみさんは本格的に格闘術を習っているそうなんです!

今回は、エドはるみさんのが習っている格闘術を中心に、現在何されているのか情報をまとめていきます!

エドはるみの現在は格闘家!?


出典:grape(提供:産経新聞社)

エドはるみさんが大ブレイクし、毎日当たり前のようにテレビで見ていたのはもう13年前。2008年ごろです。

その後、2013年に金スマの社交ダンス企画を降板してからは、テレビで見かけることもめったになくなりました。

消えた理由はネットでいろいろ出回っていますが、そのどれもエドはるみさんが明確に否定しています。

2021年現在、エドはるみさんは何をされているのか。

格闘技(護身術)に挑戦するエドはるみ
格闘技(護身術)に挑戦するエドはるみ

最近入ってきた情報だと、2021年現在、エドはるみさんは格闘術を本格的に習っているそうなんです!!

人間、最終的には拳(こぶし)です」 ──

けっして、格闘家の格言ではない。エド・はるみのセリフである。いま彼女は、イスラエルの格闘技「クラヴマガ」の教室に週2で通いながら、月1で本格派のゼロレンジコンバット(零距離戦闘術)を学ぶ。

引用:Yahoo!ニュース

エドはるみさんが習っている格闘術は、イスラエルの『クラヴマガ』と、最近認知度を上げている『零距離戦闘術(ゼロレンジコンバット)』です。

クラヴマガ

クラヴマガ
出典:KRAV MAGA FOREFRONT

エドはるみさんが2021年現在、週2で通っているという『クラヴマガ』の教室。

クラヴ・マガはイスラエル発祥の近距離格闘術で、護身術としては最強の格闘術だと言われています。

もともと戦争や内戦が多いイスラエルで、武器を失っても戦えるために考案された格闘術なんだそうです。

イスラエルの最強護身術『クラヴ・マガ』

柔術のようなものを想像していましたが、思ったよりも打撃が多くて荒々しいですね…。

女性でもできるのだろうか?と心配になってしまいますが、女性でも問題なくマスターできる格闘術なんだそうです。

総合格闘家のヤッチくんこと矢地祐介選手も、自身のYouTubeチャンネルでクラヴマガに挑戦している動画を上げています。

クラヴ・マガに挑戦するヤッチくん

エドはるみさんがクラブマガをやっている動画などはありませんが、エドはるみさんはYouTubeチャンネルを開設しているので、もしかしたらそちらで取り上げられるかもしれません。

教室は都内で、週2で通っているそうです。

零距離戦刀術(ゼロレンジコンバット)

エドはるみさんはさらに、最近話題になっている『零距離戦闘術(ゼロレンジコンバット)』の教室にも週1で通っているそうです。

零距離戦闘術に挑戦するエドはるみ
引用:エドはるみYouTubeチャンネル

現代忍者と言われるアクション俳優・坂口拓さん(映画『キングダム』の大ボス・左慈役)や、その師匠の稲川義貴さんが第一人者として広めている護身術。

特徴的なのは、肩甲骨や骨盤から生み出すウェイブを使った格闘術であるところです。

ゼロレンジコンバット=ウェイブを使った護身術

ということです。

稲川義貴(ウェイブ創始者) vs 坂口拓(ウェイブマスター)

ウェイブをマスターしている坂口拓さんは、ナイフはもちろん銃にも対応できるのだそうです。

こちらの動画は、坂口拓さんが映画『RE:BORN』にて、ゼロレンジコンバットで156人をキルアウトした時の動画です。↓↓↓

坂口拓、ゼロレンジコンバットを駆使したアクションシーン

坂口拓さんもYouTubeで活動されており、過去にヒカルさんやラファエルさん、朝倉海さん、矢地祐介さん、武井壮さんなどの数々のYouTuber・著名人とコラボしています。

すべてがウェイブによって繰り出される特殊な格闘術で、かなり難しそうですが、エドはるみさんはこれを週1で習っているそうです。

零距離戦闘術(ゼロレンジコンバット)に挑戦するエドはるみ

エドはるみさんも、稲川義貴さんや坂口拓さんから直々にゼロレンジコンバットを教わっているみたいです。

肩甲骨や骨盤のウェイブを活用するため、力のない女性でもマスターできるそうですよ!

なぜエドはるみさんはクラブマガや零距離戦闘術(ゼロレンジコンバット)を本格的に習うのか。

わたしはもちろん、実際に手は出しませんよ。出しませんけど、「いざとなったらやれる」という気迫が、何より大事なんだと悟りまして(笑)。

引用:Yahoo!ニュース

エドはるみさんは「人生何があるかわからない」という価値観のもと、危機感を持つだけじゃなく、その危機に対応できる術を身につけておきたいと考えているそうです。

そこから“護身”に対する意識が高く、今ではクラブマガと零距離戦闘術を計週3で習うほどにまでなっています。

エドはるみは現在結婚して主婦に?

エドはるみさんは56歳。(2021年1現在)

2010年10月(当時46歳)に一般の男性とご結婚されています。

2010年に結婚したエドはるみと旦那
エドはるみと旦那
出典:Amebaニュース

ちなみに、30歳になる前に年下の医師と結婚されていますが、1年もたたずに離婚しているためバツイチです。

2010年10月に再婚されたお相手は会社員の方だそうで、デビルマンの主人公・不動明と柄本明さんを足して2で割った感じのお顔なんだそうです。

エドはるみの旦那

うーん…。全然想像がつきませんね。汗

お子さんについてですが、エドはるみさんは2013年に不妊治療をされています。

1人目の旦那との子供情報や、2人目の旦那との子供の情報もないため、1度も出産はしていないと考えられます。

また、主婦というわけでもなく、とてもアクティブに様々な活動をされています。

上でお伝えした格闘術に加え、大学院での研究や、落語、絵画などにまでチャレンジされているそうです。

エドはるみは現在大学院生だった!

エドはるみさんはもともと明治大学を卒業されて役者の道に進みましたが、2015年に慶應義塾大学の大学院に入学しています。

2018年3月に修士課程を修了しましたが、2021年1月現在も慶応義塾の大学院に在籍しており、博士号を習得すべく研究に力を入れています。

近況報告で大学院通いであることを明かしたエドはるみ

エドはるみさんは慶應の大学院で何を研究しているのか。

動画でも語られていた通り、ざっくりいうと「ストレスのない人間関係を育むためには?」というテーマで研究しているのだそうです。

決して話題作りなどではなく、残りの人生を「幸せな生き方」について提案していくことに使いたいという気持ちが語られています。

エドはるみは現在、落語や絵画も!

エドはるみさんは、2019年に落語や絵画、さらにはトライアスロンにも挑戦しています。

2008年に24時間チャリティーマラソンを走り切ったエドはるみさんは、2019年5月にハワイ・ホノルルトライアスロンで、ハーフ距離の部で完走しました。

落語では、2019年12月に片岡鶴太郎主演の『鶴やしき』にて『まんじゅうこわい』を披露

そして絵画では、第104回仁科展の絵画部門で入選しました。

エドはるみの絵画
エドはるみの絵画
出典:cyzo

エドはるみ仁科展入選

大学院で研究しながら、トライアスロン・落語・絵画に挑戦するって、相当なチャレンジ意欲ですよね!

継続的なものではなく1度きりのチャレンジかもしれませんが、もしかすると今後も継続して行っていく可能性も考えられます。

2021年現在は、週3で護身術を習いながら大学院で博士号を取得すべく研究に励んでいます。

これらの活動に、またテレビ出演が増えるかもしれませんね!

トップ画像の引用:エドはるみYouTubeチャンネル