1月に『さんこいち』解散を発表してから4ヵ月以上たちましたが、古川優香さんの炎上が収まりません。

古川優香さんのYouTubeでは、高評価よりも低評価の方が圧倒的に多くつけられています。

コメント欄も地獄そのもの。

Twitterでも批判的な意見があふれ、「もし自分なら…」と想像するとゾッとします。

なぜ古川優香さんはそんなにも炎上し続けているのでしょうか?

今回は、古川優香さんの炎上理由を総まとめにしてみました!

古川優香の炎上理由まとめ!

 

古川優香さんは、2021年1月1日に『さんこいち』解散の動画を出してからずっと炎上しています。

炎上の発端であり最大の理由は、ほりえりくへのいじめ(疑惑)です。

ほりえりくさんは『さんこいち』のリーダーでしたが、
メンバーの古川優香さんとやっぴさんによる“グループ内いじめ”が疑われているのです。

いじめ疑惑をはじめ、炎上の理由は7つにまとめられます。

  • 解散動画の態度
  • ほりえりくへの”いじめ”疑惑
  • 炎上渦中のエミリンと共演
  • 鼻先チークで泣き顔を演出
  • ぺえに解散理由で嘘をついた
  • 評価を操作?
  • ピンクちゃんの弁解

発端は「ほりえりくへのいじめ疑惑」ですが、他にも炎上を大きくした事件があったのです。

一つずつ見ていきましょう!

解散動画の態度

まずはじめに、1月1日に投稿された『さんこいち解散動画』から説明します。

リーダーのほりえりくさんが、神妙な面持ちで解散について話しましたが、

古川優香さんとやっぴさんは、終始笑顔で嬉しそうだったのです。

この“温度差”に、多くの視聴者が違和感を感じました。

古川優香さんとやっぴさんが「ヘラヘラしてる」「解散するのになんか嬉しそう」「ほりえりくを除け者にしてる」という風に映り、大炎上したのです。

高評価が『3.8万』に対し、低評価が『13万』を超えています。

コメント欄も…

「りっくんに失礼過ぎる」「なんでそんな楽しそうなん?」「態度悪すぎてドン引き」と、古川優香さんとやっぴさんに批判が殺到しました。

ほりえりく”いじめ”疑惑

古川優香さんが今でも炎上している最大の理由は、ほりえりくさんへのいじめ疑惑です。

解散を発表する前から、ほりえりくさんへのいじめ疑惑は浮上していました。

こちらの記事で詳しく解説していますが、
ほりえりくさんを除け者にする『2対1』の構図は、解散発表前からずっと指摘されていました。

まずそれが根底にあります。

さらに、ほりえりくさんが「意見を全部否定される雰囲気があった」と解散の経緯で話しているのです。

  • 解散を言い出したのはほりえりく
  • 意見を全否定される雰囲気があった
  • 過去に2度なった精神病が再発しそうになった
  • 「もうあの経験だけは絶対にしたくない」と思い解散を決意した

ほりえりくさんを再び鬱にさせ、YouTube引退に追い込んだ。

なのに解散発表でヘラヘラしていた。

視聴者にはこのように見えてしまい、怒りを買ったのです。

鼻先チークで泣き顔を演出

古川優香さんの炎上に油を注いだのが、『鼻先チークで泣き顔を演出した』疑惑です。

1月8日、古川優香さんは一人で解散について語る動画をアップしました。

高評価『1.7万』に対し、低評価が『11万』も付いている炎上動画ですが、
古川優香さんの鼻先が赤くなっています。

鼻先だけではなく、頬も紅潮してみえるようにメイクしています。

これが「泣き顔を演出している」と言われ、大炎上したのです。

直前の解散発表では「ヘラヘラしてる」「嬉しそう」と炎上したため、意識的にしめっぽさを演出したのでしょうか。

裏目に出て、炎上に油を注ぐ形になりました。

ぺえに解散理由で嘘をついた

2月23日、古川優香さん友人であるぺえさんとコラボ動画を撮りました。

ぺえさんの計らいで、解散の本音を語ることになりました。

  • 年末にほりえりくから解散の話題が出た
  • それぞれ個人でやってる活動も順調だったため、解散を承諾した。
  • 解散発表で笑顔だったのは、「『さんこいち』らしく最後まで明るくいよう」という共通意識があったから

簡単にまとめると、こんな内容です。

「何話しても嘘に聞こえるから」と本音を言わなかったため、多くの視聴者が炎上させたことを申し訳なく思いました。

ところが、1週間後の3月1日。

ほりえりくさんが個人のチャンネルで、解散の経緯について改めて説明。

そこで古川優香さんの語った内容を一部訂正したのです。

古川優香「解散を切り出したのはほりえりく」
ほりえりくの訂正「解散を切り出したのは自分だが、2年前から3回ほど、古川から解散の申し出があった」

古川優香「最後まで明るくいようという共通意識があった」
ほりえりくの訂正「真剣に解散動画を撮りたかったが否定されてしまうため、共有はしていなかった」

これにより「嘘をついた」「自分の都合のいいように話を捻じ曲げた」と、3度目の大炎上をしたのです。

特に、「解散動画で笑顔だったのは、最後まで明るくという共通意識があった」という部分について、
ほりえりくさんは「本当は真剣な解散動画を撮りたかった」と言っているため、完全にズレています。

なにより、古川優香さんとほりえりくさんが、お互いに擁護しない点で対立してるのが透けて見えています。

評価を操作?

古川優香さんの炎上が長引いている原因に、「YouTubeの評価を操作している」という疑惑が出ています。

動画のコメント欄には

  • 高評価を買っている
  • 低評価を削除している

という声が多く出ています。

本当に高評価を買っているかどうかは不明ですが、実際に買うことはできます。

『Twitters』というサービスで、高評価300増で2,100円。500増で3,500円という価格設定です。

「コメント欄がこんなに荒れているのに、こんなに高評価が付くはずがない!」「急に大量の高評価がついたりしていて不自然」というのが、高評価買収疑惑の根拠となっています。

動画を上げるたびに、高評価買収疑惑が騒がれるため、なかなか炎上が収束しないのです。