紀平梨花・姉の仕事はダンサー!ダンス動画とバレエからの転向秘話

フィギュアスケートの紀平梨花さんの姉・紀平萌絵さん。

年齢は梨花さんの4つ上で、2021年3月に関西学院大学・文学部を卒業しました。

そして現在は、プロダンサーとしてジャズダンスの活動をしています。

今回は紀平梨花さんの姉・萌絵さんのジャズダンスの動画や、
クラシックバレエからプロダンサーを目指したストーリーについてまとめました!

紀平梨花・姉の仕事はプロダンサー【動画】

紀平梨花の姉・萌絵
出典:Twitter

本名:紀平萌絵(きひら もえ)
年齢:22歳(1998.08.12)
出身:兵庫県西宮市
大学:関西学院大学 文学部 文学言語学科 英米文学英語学専修 卒業
仕事:プロダンサー、バレエのインストラクター

この投稿をInstagramで見る

 

紀平 萌絵(@moe_kihira)がシェアした投稿

 

2021年3月17日に関西学院大学・文学部を卒業。

高校2年生のときに入った『エイベックス・アーティストアカデミー』に現在も所属。

4月からはプロダンサーとバレエのインストラクターを仕事としています。

仕事① プロダンサー

紀平萌絵さんはプロのダンサーとして活動しています。

バレエをベースとした『ジャズダンス』というダンスです。

紀平萌絵さんの貴重なダンス動画がこちら。

この投稿をInstagramで見る

 

紀平 萌絵(@moe_kihira)がシェアした投稿

 

紀平萌絵のダンスの実績・実力は?

紀平萌絵さんはプロダンサーですが、具体的にどんな実績があるのでしょうか。

学生時代、関西学院大学の『super☆NOVA』というダンスサークルに所属していて、関西ナンバー1を決める大会で優勝した経験があります。

さらに大学時代、西島隆弘(Nissy)さんのバックダンサーを務めたことがあります。

2018年に開催された『Nissy Entaertainent 2nd LIVE』で、チアダンサーの一人として選ばれたのです。

この様子は『転職DE天職』で放送されました。

紀平萌絵さんはダンスの特待生に入っており、avexでトップ10に入る実力の持ち主だといわれています。

仕事② バレエのインストラクター

紀平梨花さんの姉・萌絵さんのインスタグラムを見ると、プロフィールにバレエのインストラクターと書かれています。

紀平萌絵のインスタプロフィール

紀平萌絵さんは高校2年生からジャズダンスの道に進みましたが、それまではクラシックバレエをしていました。

幼少期にバレエをやっていたので、今はお仕事としてインストラクターをしています。

現在は、『大西正人エンターテインメントPro』のバレエ入門クラスの講師をしています。

紀平梨花・姉バレエからジャズダンスへ転向

紀平梨花さんの姉・萌絵さんは、現在『プロダンサー』と『バレエのインストラクター』を仕事としています。

しかし、幼少期はクラシックバレエのプロを目指していました。

フィギュアスケートか、クラシックバレエか

もっというと、紀平姉妹はフィギュアスケートとクラシックバレエの両方を習っていたのです。

ところが、フィギュアスケートの先生から「バレエのトゥシューズを履かないように」と言われました。

小学校4年生の時に、フィギュアスケートかクラシックバレエの二者択一を迫られたのです。

氷上でジャンプすることが怖く、フィギュアスケートに向いていないと感じた紀平萌絵さんは、バレエを選びました。

クラシックバレエで疲れ果てる

小4でクラシックバレエを選び、妹とは違う道に進みます。

中学時代はプロを養成するスタジオで、毎日のように厳しい練習に取り組みました。

しかし、練習の厳しさに加え、「本当にプロになれるのか」という不安が大きくなり、精神的につらくなってきてしまいました。

高校受験を機にバレエのレッスンを休止しましたが、これがジャズダンスを始めるきっかけになりました。

ジャズダンスに出会う

受験を終えてバレエ復帰しますが、プロ養成所ではなく小学校時代のスタジオに戻りました。

原点に戻り、踊る楽しさを取り戻した萌絵さん。

それとほぼ同時期に、見学したダンス部のダンスに感銘受け、即入部しました。

より自由な表現にハマり、「ダンスを突き詰めたい!」と思った萌絵さんは、母の提案でエイベックス・アーティストアカデミーに入りました。

高校2年生の時に入ったエイベックス・アーティストアカデミーで、現在は特待生入りしています。