紅白歌合戦2020出演者の予想&内定情報|ジャニーズやNiziUは?

コロナの影響で「無観客」での放送が決定している今年の紅白歌合戦。

司会者や内定歌手の情報がちらほら出始めていますが、出演者が気になる季節になってきましたね!

今回は既に内定しているという歌手の情報と、他の出演者の予想をまとめてみました!

紅白歌合戦2020の出場内定者は?

内定が決定してる歌手

大手メディアが報じた、紅白歌合戦2020の出演が内定した歌手は以下の12組です。(11月16日時点)

紅白歌合戦2020【内定者一覧】
  • 瑛人
  • LiSA
  • BABYMETAL
  • JUJU
  • GReeeeN
  • 松任谷由実
  • サザンオールスターズ
  • 長渕剛
  • SixTONES
  • Snow Man
  • 櫻坂46
  • 鈴木雅之(feat鈴木愛理)

瑛人さんは、今年「香水」が大ブレークし、多くの芸能人にMVが“真似”されたアーティスト。

LiSAさん昨年放送されたアニメ『鬼滅の刃』の主題歌を担当し、今年空前のブームとなった映画『鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌を手掛けています。

この2歌手に関しては、今年の“顔”として納得の内定ですね。

今月14日にJUJUさんが初出場の内定が報じられ、15日にBABYMETALの初出場内定がSNSで話題となりました。

そしてなんと!GReeeeNも紅白初出場が内定したと伝えられているんです。

これまでにも紅白のオファーは何度かあったみたいですが、「顔出しNG」であるため出場が叶いませんでした。

しかし今回「顔出ししない」という条件で出場が決まったみたいです。

窪田正孝さん(32)主演で二階堂さんがヒロインの朝ドラ『エール』の主題歌を務めたGReeeeNの初出場も内定したと聞いています。これまでも何度かオファーをしていたのですが、彼らが“顔出しNG”ということで断られていたんです。今回は顔出ししない演出を考案するようです」(前出・NHK関係者)

引用:女性自身

松任谷由実さんは一昨年・昨年に続き3年連続5回目の出場が内定。

サザンオールスターズ長渕剛さんも内定が決定しているそうですが、桑田佳祐さんと長渕さんは犬猿の仲であることからリモートでの出演になりそうとのこと…。

サザンの桑田佳祐と長渕剛が犬猿の仲なので、どちらもリモートでの出演になるそうです。

引用:日刊サイゾー

そして15日、ジャニーズで今年1月に華々しくデビューしたSixTONESSnow Manも紅白初出場が内定したと報じられています。

「今年1月22日に同時デビューしたSixTONESとSnow Manの今年大晦日の『NHK紅白歌合戦』が内定したそうです。デビュー1年目の2組が揃って紅白とは快挙ですが、両グループとも今年は本当に大活躍でしたから、それも納得ですね」(レコード会社関係者)

引用:日刊大衆

昨年はジャニーズからは嵐、関ジャニ、キンプリ、ヘイセイジャンプ、キスマイの5組が出場しました。

今年はコロナの影響から「もしかすると4枠になるかも」とも言われており、スノストと嵐が濃厚だとすると、残るはあと1~2枠しかありません。

もし4枠であれば、残る1枠をキンプリか関ジャニが奪い合う感じになりますが…。いずれにせよかなりの激戦になりそうです(ファン同士の)。

以上が、大手メディアが報じた紅白2020の出演が内定している歌手たちです。

ただ、NHKが正式に発表したものではないため、あくまでも「マスコミが入手した情報」として捉えてください。

出演濃厚な歌手

「内定した」と明言はされていないものの、NHK関係者により「出場が濃厚だ」と言われている歌手が5組ほどあります。(11月16日時点)

  • NiziU
  • YOASOBI
  • B’z
  • 新しい地図

NiziUは韓国の敏腕プロデューサーであるJ.Y.Parkにより結成された日本のガールズグループで、12月2日にデビューが決定しています。

NiziUも今年の“顔”といえるアーティストグループなので、内定して当然だしそれを望む人も多いでしょう。

ただ、デビュー前でCDなどの販売実績がないことと、まだテレビの露出が少ないこと。そしてNHKへの貢献度が低いことが懸念点。

とはいえヒット性は抜群なので、やはり出場は濃厚だと言われています。

YOASOBIは今年大ブレークした2人組音楽ユニット。「夜に駆ける」のMVは1億回再生を超え、テレビ番組にも多数出演。「紅白出場候補ナンバーワン」と呼び声が高いです。

は11年連続で紅白歌合戦に出場しており、今年も当然のように出場されると誰もが思っていましたが、大みそかに無観客ライブをすることが発表され、「え、紅白は!?」と心配する声も上がっています。

ただ、活動休止前ラストの大みそかなので、やはり紅白歌合戦も出演し無観客ライブとは上手いこと両立させると思われます。

そしてなんと、B’zの紅白歌合戦初出場の可能性が高まってきているとの情報も上がっています。

休暇を取ることを最優先という理由でこれまで紅白を断ってきたB’zもこのご時世で出場しないわけには行かなくなっているようです」(民放関係者談)

引用:日刊サイゾー

今年はリモート出演されるアーティストもあるということで、「リモートならば」と出場を承諾してくれる可能性は大いにありそうですね!

新しい地図も出演する方向で話が進んでいるそうですが、ジャニーズとの共演になってしまうことが問題となっているそうです。

どうやらジャニーズ事務所が新しい地図との共演を嫌がり、一緒の画面に映らないよう調整が難行しているのだとか…。

NHKが狙っている歌手

NHKがラブコールを送っているという歌手の情報も上がっています。

大手メディアが出した記事によると、以下の4組をNHKが“狙っている”歌手たちです。

  • BTS
  • 上沼恵美子
  • 山崎育三郎
  • ドリフターズ

NHKが数年前から狙っていたというBTSが、今年リモート出演するかもしれないという情報が上がっています。

上沼恵美子さんは歌手ではありませんが、2019年11月に発売した「時のしおり」が大ヒットしていることから、紅白の“目玉”として注目されており、朝ドラの主題歌「エール」を歌った山崎育三郎さんも出場が有力視されています。

朝ドラ『エール』で甲子園の応援歌『栄光は君に輝く』を歌った山崎育三郎さん(34才)の出場も有力視されています。そんななか“目玉”として注目されているのが、上沼恵美子さん(65才)の初出場なんです

引用:NEWSポストセブン

今年3月に亡くなった志村けんさんの追悼を兼ねて、今存命のドリフターズのメンバーの出場を企画しているとの情報もあります。

民放の番組でも軒並み高視聴率を記録している志村けんさん関連の企画です。残っているドリフターズのメンバーが出演をし、志村さんといかりや長介さんの過去の映像と組み合わせるなどしてバーチャルにドリフの再結成を企画しているようです」(民放関係者談)

引用:日刊サイゾー

紅白歌合戦2020の出演者の予想!

紅白歌合戦の歌手は紅組・白組合わせておよそ50組が毎年出演しています。

11月16日時点で11組の出演者が内定をもらっていると報じられており、残り40組ほどの出演者がまだ決まっていません。

紅組で既に内定が出ている(と報じられている)のは5組。白組で内定が出ているのは6組なので、その他の出演者について予想していきます!

紅組

内定が決定している歌手
  • Lisa
  • JUJU
  • BABYMATAL
  • 松任谷由実
  • 櫻坂46
出演濃厚と報じられた歌手
  • NiziU
  • YOASOBI
  • 上沼恵美子

その他に出演する可能性が高い女性歌手は以下の通りだと予想します!

  • 日向坂46
  • 乃木坂46
  • Littel Glee Monster
  • あいみょん
  • いきものがかり
  • ヨルシカ
  • BISH
  • Perfume
  • TWICE
  • Aimer
  • 東京事変
  • MISIA
  • aiko
  • 丘みどり
  • 松田聖子
  • 石川さゆり
  • 島津亜矢
  • 坂本冬美

白組

内定が決定している歌手
  • 瑛人
  • GReeeeN
  • サザンオールスターズ
  • 長渕剛
  • SixTONES
  • Snow Man
出場濃厚と報じられた歌手
  • B’z
  • 新しい地図
  • BTS
  • 新しい地図
  • ドリフターズ

その他に出演する可能性が高い男性歌手は以下の通りだと予想します!

  • 関ジャニ∞
  • King&Prince
  • 秦基博
  • ヤバいTシャツ屋さん
  • official髭男dism
  • GENERATIONS from EXILE TRIBE
  • 菅田将暉
  • 星野源
  • 三浦大知
  • 平井大
  • DiSH
  • My Hair is Bad
  • 五木ひろし
  • 山内惠介
  • 氷川きよし

紅白歌合戦の出演者の『選出基準』は?

あるメディアが、NHKの広報部あてに「紅白歌合戦の選出基準はどのように設けていますか?」という質問を送ったところ、『今年の活躍』『世論の支持』『テレビ番組の企画・演出』の3点を中心に決めているという返答があったそうです。

そして、この3点を正確かつ客観的に判断するための「調査」がされており、その調査資料が以下の6点なんだそう。

(A)7歳以上の全国5000人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による調査の結果(※質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」)

(B)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果(質問はAと同じ)

(C)「NHKのど自慢」の予選出場者の曲目

(D)CD・カセット・DVDの売り上げ

(E)有線・カラオケのリクエスト等についての調査

(F)インターネットやダウンロード等についての調査

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50463

3点を選出基準に設け、正確な調査を行い、その資料をもとにプロデューサー会議が行われ、歌手にオファーがいくという流れです。

紅白のオファーを断るアーティストも少なくはありませんし、内定を辞退する歌手もいるため「何であの歌手は出演しないの?」と疑問に思うこともあるかと思います。

ただ、基本的には以上のような選び方で出演者が決まっています。

2020年の紅白歌合戦の出演者の発表は、11月16日の午後以降だと言われているので、非常に楽しみですね!

トップ画像の引用:BARKS