LiSAの炎の衣装が常に黒色である理由を明かす!【映画ネタバレ注意】

2020年大ヒットした漫画『鬼滅の刃』。

アニメをきっかけに映画が爆発的にヒット。主題歌を歌うLiSAさんも一躍脚光を浴びる年になりました。

映画・無限列車編の主題歌『炎』をテレビの歌番組で歌うとき、必ず黒色の衣装で歌っていたLiSAさん。

多くのファンが気になっていた部分ですが、なぜいつも『炎』を黒色の衣装で歌うのでしょうか?

そこには確固たる理由がありました。

LiSAが『炎』を歌う時の衣装はいつも黒色

10月16日に映画が公開してから、LiSAさんが音楽番組で『炎』を披露した回数は10回以上。

バラエティ番組や情報番組なども含めれば、おそらく20回は披露していると思われますが、スタジオで『炎』を披露する際、必ず黒色の衣装を着ます。

2020年12月25日『Mステ』
LiSAの衣装

2020年12月21日『カウントダウンTV』
LiSAの炎の衣装

2020年12月12日『ONLiNE LEO-NiNE』
Lisaの黒い衣装

2020年11月25日『ベストアーティスト2020』
LiSAの黒い衣装

2020年11月9日『カウントダウンTV』
LiSAの炎の黒い衣装

このように音楽番組で、ステージで『炎』を披露する場合は必ず黒い衣装を着て歌います。

ちなみに、『紅蓮華』を歌う場合は赤色の衣装で歌い、『炎』と2曲歌う場合も必ず着替えています。

LiSAが『炎』を黒色の衣装で歌う理由は?【映画ネタバレ注意】

では、なぜ『炎』を歌う際は必ず黒い衣装なのでしょうか。

LiSAさんはこのように語っていました。

LiSAさんは、透け感のあるブラックの衣装で登場。衣装について「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編を見ていた方には、(衣装の)『黒ってこういう意味かな?』と思ってもらえるように意識して、今日の衣装の色を選びました」と語った。

引用:MANTANWEB

ここからは映画・無限列車編の【※ネタバレ注意】です。

 

 

 

煉獄杏寿郎
出典:少年ジャンプ

多くのファンの人が予想している通り、映画・無限列車編のクライマックスで戦死した炎柱・煉獄杏寿郎さんへの追悼…つまりは喪服ということなのです。

「『黒ってこういう意味かな?』って思ってもらえるように」というLiSAさんのメッセージから、喪服という意味を込めているのは間違いないでしょう。

単に煉獄杏寿郎のコスプレのような衣装にするなら、オレンジ色と白色にするはずです。

多くのファンは、やはり気づいていたみたいですね。