マヂカルラブリーと上沼恵美子の因縁まとめ|3年前の酷評一転「ごめんね」

2020年のM-1で頂点を取ったお笑いコンビ・マヂカルラブリー

史上まれに見る大混戦を勝ち抜き、3年前の屈辱を晴らすことができました。

そう、思い出されるのは3年前。

M-1の決勝に出場したマヂカルラブリーは最下位になり、審査員の上沼恵美子さんに「好みじゃない」「よう決勝残ったなぁ思うて」などと酷評されたことが話題になりましたね。

今回は、マヂカルラブリーと上沼恵美子さんの“因縁”についてまとめました!

マヂカルラブリーに上沼恵美子が酷評【3年前】

マヂカルラブリーが優勝して最も話題になったことは、間違いなく上沼恵美子さんを見返したこと

こちらが、3年前のM-1グランプリ2017で、上沼恵美子さんがマヂカルラブリーに言い放った審査コメントです。

「好みじゃない」「よう決勝残ったな思って」と、そこまで言うか…というほどのコメントを残しています。

村上さんはまだなんとか「笑い」に変えようと頑張れていますが、野田クリスタルさんは怒りをこらえているのが明らかに分かります。

野田クリスタルが上裸になる事件

上沼さんが「よう決勝残ったな思って」と言った途端、野田さんは「もういい、もういい!」と手で制しています。これ以上聞いてられないと。

すると上沼さんも「もういいじゃなくて。」「もういいですか?」と応戦し、騒がしくて分かりづらいですがここで小競り合いが起きています。

これ以上はヤバいと察した今田さんがカットインし、最後にマヂカルラブリーにコメントを求める…。

すると、やり場のない怒りを発散するかのように、野田クリスタルさんが上半身裸に。

野田クリスタルが裸に
野田クリスタル2017年

これは16年続いたM-1グランプリで最大の珍事件となりました。

野田クリスタルに上沼恵美子が「ごめんね」

それから3年。

再びM-1の決勝の舞台に戻ってきたマヂカルラブリーは、史上稀に見る大混戦を勝ち抜き優勝しました。

今年も審査員席には上沼恵美子さんの姿が。

当然マジカルラブリーは3年前のことを覚えていますし、世間でも上沼恵美子さんのマヂカルラブリーへのコメントは注目されていたのですが…

待って、3年前? 何にも覚えてない(笑)。アホやろー(笑)。バカバカしいやろ。でも、そのバカバカしいを突き抜けるのは芸術や。いやーよかった。本当によかったと思う」

引用:中スポ

上沼恵美子「3年前?何も覚えてへんわ」↓

上沼さんは全く覚えていない様子。

「好みじゃない」という私的な審査はそれなりに世間から叩かれ、「よう決勝残ったな思って」という酷評に酷評が集まったはずですが…。

そして、そんな上沼さんが「94点」という高得点を付けた瞬間、野田クリスタルさんは「っしゃーーー!!!!!」とガッツポーズで雄たけびを上げました。

決勝・1本目の審査シーン

決勝2本目は、上沼さんは『おいでやすこが』に投票していますが、3年前の酷評から一転、高得点をもぎり取り見事優勝することができました!