マハラージャン・モエチュウの年齢と会社は?30代の広告代理店勤務か

THE FIRST TAKEに抜擢されたマハラージャンが話題になっています。

スーツにターバン姿という奇抜な格好で、会社員なのだという。

また、『マハラージャン』はプロジェクト名で歌い手の名前はモエチュウといいます。

2021年ブレイク筆頭のマハラージャン・モエチュウ。

今回は年齢や勤務先の会社など、マハラージャン・モエチュウに関する情報をまとめました!

マハラージャンとは?本名・会社・年齢など

マハラージャン
出典:マハラージャン公式サイト

マハラージャン・モエチュウの本名は?

冒頭でも書いた通り、『マハラージャン』はプロジェクト名です。

過去にTwitterで『マハラージャン』の名前の由来についてこのように語っています。

マハラージャン → マハラジャ×ラージャン(モンハン)

マハラージャンは、“大王”を意味するインドの言葉「マハラジャ」と、モンハンの「ラージャン」を掛け合わせた造語です。

音源を油田LLCというレコード会社から出すことになったため、
油田→インド→マハラジャという連想で最終的に『マハラージャン』になりました。

マハラジャは「Maha(偉大な)」「raja(王)」を組み合わせた言葉で、「偉大な王」「高位の王」を意味します。

現マハラジャのヤドゥビー・クリシュナダタ・チャマラジャ・オデヤ氏
現マハラジャのヤドゥビー・クリシュナダタ・チャマラジャ・オデヤ氏

『マハラージャン』にはとにかく威厳、偉大さ、強さが込められています。

ボーカルはモエチュウといいます。

マハラージャン・モエチュウ
マハラージャン・モエチュウ
出典:音楽ナタリー

モエチュウの名前の由来は「燃える中途採用」から来ています。

ツイートされていますが、「マハラージャンというプロジェクトをやっているモエチュウ」という構造になります。

モエチュウの本名はまだ公開されていません。

マハラージャン・モエチュウの会社は?

マハラージャン・モエチュウは元会社員であることを明かしています。

新卒で映像制作会社に入社

2018年に広告代理店に転職

2020年3月に退職し、マハラージャン1本に絞る

大学院卒業後、都内の映像制作会社に入社し、CM制作業務をしていました。

昔から大好きだった音楽活動は、帰宅後の深夜に行っていました。

『マハラージャン』は過酷な社会人生活で感じたことを曲にしていますが、主にこの映像制作会社での経験が多いようです。

  • 1年目、どうしてもお腹が減ってしまい、クライアントに見つからないようにお稲荷を一口食べたところプロデューサーに見つかり激怒される。
  • CM撮影中に背の高い女性プロデューサーに、クライアントの前で3回蹴られる。
  • 好きな映像監督に嫌われる

映像制作会社では、PM(プロジェクトマネージャー)という役職についていました。

2018年に広告代理店に転職。

そして2020年4月からはマハラージャンとしての活動1本に絞ります。

マハラージャン・モエチュウの年齢は?

モエチュウは年齢を非公開にしていますが、30代ではないかと推測しています。

大学院まで通っていたことと、それなりの社会人経験と、最低2年は広告代理店で勤務していたからです。

若くても30歳。しかし見た目的に40歳は超えていないだろうなと。

マハラージャン・モエチュウと星野源の関係は?

グーグルやYahoo!で検索すると『星野源』というサジェストが出てきます。

マハラージャンと星野源さんにどのような関係があるのか。

実は、星野源さんのラジオ『オールナイトニッポン』にて、マハラージャンの曲が“ジングル”に採用されたのです。

ジングルjingle)とは、ラジオ番組などでコマーシャルの開始や終了、楽曲・コーナーの切り替わりなど、番組の節目に挿入される短い音楽などの総称。サウンドデザイナー作曲家により製作され、それらはテレビ番組におけるアイキャッチに相当するものでもある。

引用:weblio

当時会社員の傍ら、言ってしまえば趣味で音楽活動をしていたモエチュウにとって、
あの星野源さんのラジオに曲が使われるのは嬉しいことですよね!

マハラージャンの代表曲/人気曲/おすすめ

マハラージャン・モエチュウさんの人気でおすすめな曲は何なのか。

YouTubeにアップされている曲で、最も再生回数が多いのは『セーラ☆ムン太郎』という曲です。

2021年6月時点で40万回再生を突破しています。