メイウェザー対戦相手は朝倉未来ではない!?日本人の同階級で有力な選手は?

ボクシング界の言わずと知れたレジェンドであるフロイド・メイウェザー・ジュニア

なんと2021年2月に来日し、日本人の格闘家と試合をすることが決定しているとの情報が!

2018年の大晦日には神童・那須川天心選手との試合が行われましたが、メイウェザーと対戦する2人目の日本人は誰になるのでしょうか?

メイウェザーと同じ階級から予想してみました!

メイウェザーvs日本人第2弾!試合の詳細は?

メイウェザーと日本人格闘家が試合するのは、2021年2月28日に開催予定の『MAGA2021』というイベントです。

会場は東京ドームで、RIZINも協力関係にあるとのことなので非常に大きなイベントになると予想されています。

MEGA2021
出典:TOKYO HEADLINE

日本人の有名な格闘家だけではなく、海外の大物選手にもオファーを送っており、そのうちの一人がメイウェザーなのだという。

メイウェザー戦はボクシングルール?

那須川天心選手との対戦の時もそうでしたが、非公式のエキシビジョンマッチになると予想されます。

フロイドメイウェザーと那須川天心
出典:RIZIN FIGHTING FEDERATION

ルールに関しては現状、「対戦相手が決まってから決める」と話しているそうです。

気になる試合形式については「試合ルールは相手が決まっていないので決まってから考えたい。ルールは非常に大事なので、双方が納得する形にしたい」と話すにとどめた。

引用:THE ANSWER

しかし、相手がキックボクサーであろうと総合格闘家であろうとも、メイウェザーの土俵であるボクシングルールが採用される可能性が高いです。

2017年に総合格闘家のコナー・マクレガーと対戦した時もボクシングルールで行われました。

那須川天心選手との時には「キック一発で罰金5億5千万円(キックフェイントも禁止)」という重い罰則まで提示しました。

メイウェザーの対戦相手となる日本人を予想!

「メイウェザーの対戦相手は日本人を予定している」と言われていますが、必ずしも日本人選手というわけではないそうです。

階級はメイウェザーに合わせる?

フロイドメイウェザー
出典:THE ANSWER

おそらくメイウェザーの階級に合わせて対戦相手が組まれると思われます。

メイウェザーの身長は173㎝。適正階級はウェルター級(66.6㎏)。

スーパーフェザー級(58.9㎏)~スーパーウェルター級(69.8kg)までの5階級を制覇しているので、この階級のどれかで試合が行われることはほぼ確実。

ただスーパーフェザー級や、一つ上のライト級は減量苦を強いられ、メイウェザーがそこまでするとは思えません。

そのため、スーパーライト級(63.5㎏)~スーパーウェルター級(69.8㎏)で試合が行われる可能性が高いといえるでしょう。

候補に上がっている日本人は5人!

11月21日、MEGA2021の徳弘代表からこのようなコメントがありました。

MEGA2021徳弘代表
出典:THE ANSWER

メイウェザーvs朝倉未来は決定というわけではなく堀口選手、那須川選手、朝倉海選手、斎藤選手、いろんな選手がいるので、一概に朝倉未来選手とは考えていないです。

引用:イーファイト

メイウェザーの対戦相手として候補に上がっている日本人格闘家は、朝倉未来選手を筆頭に以下の5人が挙げられています。

  • 朝倉未来
  • 朝倉海
  • 堀口恭司
  • 斎藤裕
  • 那須川天心

朝倉未来選手は身長177㎝とメイウェザーより4センチ高いですが、階級はメイウェザーとドンピシャ。

斎藤裕選手は身長も体重もメイウェザーとほぼ同じで、11月21日には朝倉未来選手に勝利しています。

朝倉海選手と堀口恭司選手は総合のバンタム級(61.2㎏)の選手であるため、ギリギリ対戦相手として候補に入りそうです。

那須川天心選手は階級が全然違いますが、リベンジマッチとして組まれる可能性もあるとのこと。

那須川、朝倉兄弟、堀口の可能性は低い

しかし、イベント関係者によると那須川天心、朝倉海、堀口恭司の3選手は可能性が低いと言われています。

だが格闘技業界関係者は、「那須川選手はない」と断言する。

「再戦となれば、勝ち目がないと天心選手にとってメリットはない。前回と同じようなボクシングルールでは勝ち目がないことは彼もわかっているでしょう。また天心選手には同日に他団体の試合に出場するという話も出ている。可能性は限りなくゼロに近い」

ネット上では、元RIZINバンタム級王者の堀口恭司(30)の名前も挙がる。

彼も可能性は低い。すでに今年の大みそかに開催される『Yogibo presents RIZIN.26』のメインイベントで、RIZINバンタム級現王者の朝倉海選手との対戦が発表されています。海選手は19年8月に対戦し、キャリア初のKO負けを喫した相手。楽な相手ではありません。そんな相手と試合をした2か月後にメイウェザーと戦うとは考えにくい」(前出の業界関係者)  

同様の理由で朝倉海がメイウェザーと対戦する可能性も低いという。

出典:AERA.dot

大晦日には朝倉海vs堀口恭司のビッグマッチが予定されているため、その2か月後にメイウェザーと試合するのはさすがに厳しいとのこと。

朝倉未来選手は最有力候補として上げられていましたが、斎藤裕選手に負けてしまったことからそれが揺らいでしまいました。

また、未来選手本人も「そんなこと言ってる場合じゃない」と対戦意欲が下がってしまっているようです。

「メイウェザー?俺はまだ聞いていない。そんなことを言っている場合じゃなくて、斎藤選手にやり返したいなというのが一番」

引用:THE PAGE

メイウェザーとやりたい!という日本の猛者はたくさんいるので、対戦意欲が低下している未来選手の可能性は低いと言わざるを得ません。

SNSでは久保、村田、内山、木村の声も

朝倉兄弟、堀口恭司選手、斎藤裕選手の他にも、SNSでは様々な予想や対戦希望が上がっていました。

ざっと見る感じ、以下の4選手の名前がよく見られました。

  • 久保優太
  • 村田涼太
  • 内山高志
  • 木村フィリップミノル

久保優太、内山高志、木村ミノルの3選手はメイウェザーと階級がかぶり、実力もあるので可能性はありそうです。

村田涼太選手は身長183㎝とメイウェザーより10センチ高く、ミドル級(72.5㎏)と階級も上なので、メイウェザーが合意する可能性は低いと思われます。

この4人の中で最も可能性が高いのは、久保優太選手だと言われています。

「久保選手はチャンネル登録者数10万人超えの人気格闘家YouTuberとして知られています。K-1王者としての実績もありますし、彼がメイウェザーとやったら盛り上がると思います。というか那須川選手も堀口選手も可能性が低く、最有力候補の朝倉選手が負けてしまった今、実力と人気を考えた場合、久保選手くらいしか思い浮かばない。格闘家の間でも名前が挙がり始めている。可能性は高いと思いますよ」

引用:AERA.dot

【結論】斎藤裕か久保優太が対戦相手として有力

結論、斎藤裕選手か久保優太選手が、今のところメイウェザーの対戦相手として可能性が高い日本人選手と言えます。

有力順で言えば、以下の通りだと予想します。

  1. 斎藤裕
  2. 久保優太
  3. 朝倉未来
  4. 朝倉海
  5. 堀口恭司

メイウェザーと階級がかぶり(スーパーライト級~スーパーウェルター級)、実力と人気がある日本人選手となるとこの5選手に絞られると思います。

最有力候補だった朝倉未来選手は斎藤裕選手に負け、「メイウェザーどころじゃない」と対戦意欲が下がっているため、3番目に降格。

そう考えると、徳弘代表から名前が挙がった斎藤裕選手が最有力候補に浮上すると考えられます。

近々対戦相手が決定すると告知がされているので、楽しみに待つとします!

トップ画像の引用:THE ANSWER