振付師MIKIKO先生が振り付けした歌手や作品は?逃げ恥やperfumeなど!

2020年11月に五輪開会式の演出メンバーを辞退した、振付師・MIKIKOさん。

文春砲では、佐々木宏さんにより“排除”された上に、アイデアがパクられたと報じられ、ネットでは擁護する声や怒りの声がたくさん上がっています。

『MIKIKO先生』と親しまれ、大勢のファンがいることが分かりますが、

過去にperfumeベビーメタルなど、超人気歌手たちの振り付けを担当しているのです。

そこで今回は、振付師・MIKIKO先生が過去に振り付けを担当した歌手や作品をまとめました!

振付師MIKIKOが振り付けした歌手・作品

調べたところ、振付師・MIKIKO先生が振り付けを担当した歌手や作品は無数にあり、全てを一覧にするのは困難です。

そこで今回は、世間的に超有名な歌手や楽曲だけをピックアップしました。

アーティスト

perfume

「MIKIKO先生といえばperfume」という人は多いのではないでしょうか。

perfumeメンバーが小学生の時から指導していて、大ブレイクする前からずっと指導し続けていました。

MIKIKO先生は2003年~現在に至るまで、100曲以上のperfumeの楽曲の振り付けを担当しています。

  • レーザービーム
  • スパイス
  • チョコレイトディスコ
  • edge
  • Spring of Life

など100曲以上

『レーザービーム』

『FLASH』

ベビーメタル

2020年末に紅白歌合戦に出場したベビーメタルの振り付けも、MIKIKO先生が担当しています。

2010年に結成された時から、現在にいたるまで、ほぼ全ての楽曲の振り付けを担当しています。

人気曲であるこちらの『ギミチョコ!』も、MIKIKO先生が振り付けをしています。

星野源

星野源さんの楽曲の振り付けも、MIKIKO先生が担当しています。

perfumeが好きだった星野源さんが、自分もMIKIKO先生に振り付けをしてもらいたくてお願いしたそうです。

  • SUN
  • 時よ
  • ドラえもん

    MIKIKO先生が振り付けを担当しているのは、この4曲です。

    2015年にバズッた『SUN』は、今やYouTubeで8000万回再生を突破しています。

    『SUN』(2015年)

    『時よ』(2016年)

    椎名林檎

    MIKIKO先生といえば、椎名林檎さんも外せませんね!

    2015年にリリースした『長く、短い祭』『神様、仏様』の振り付けを担当しています。

    『長く短い祭り』

    SEKAI NO OWARI

    意外と知られていませんが、セカオワのあの有名な曲の振り付けも、実はMIKIKO先生が担当しています。

    • 炎と森のカーニバル
    • 世界平和

    この2曲の振り付けを担当しています。

    『炎と森のカーニバル』

    炎と森のカーニバルの振り付けをMIKIKO先生が担当していたのは驚きですね!

    演出のすべてを手掛けたかは分かりませんが、ダンスの部分はMIKIKO先生が手掛けています。

    ほかにも、さくら学院や、そこから派生したアイドルグループの楽曲。アミューズ所属のアーティストの多くはMIKIKO先生が振り付けを担当しています。

    作品

    MIKIKO先生が振り付けを担当しているのは、歌手だけではありません。

    舞台やCM、オリンピックやドラマでの演出など多岐にわたります。

    MIKIKO先生を紹介するうえで、この3つの作品は欠かせないでしょう。

    1. 伊勢丹の宣伝
    2. リオ五輪の閉会式の演出
    3. 逃げ恥の『恋ダンス』

    一つずつ紹介していきます!

    伊勢丹の宣伝

    2014年4月に公開した伊勢丹のプロモーションビデオの、演出と振り付けをMIKIKO先生が担当。

    この伊勢丹の宣伝は話題になり、グッドデザイン賞を受賞しました。

    500名以上の演者がいますが、なんと全員が伊勢丹の従業員なんです。

    規模も難易度も半端じゃないです。

    リオ五輪の閉会式

    さらに、超話題になったリオデジャネイロ五輪の閉会式の『五輪旗引継ぎ式』

    この芸術パートを担当したのもMIKIKO先生でした。

    MIKIKO先生がすべてを手掛けたわけではありませんが、コアメンバーである4名のうちの一人がMIKIKO先生です。

    逃げ恥の『恋ダンス』

    さらに驚きなのは、2016年に大流行したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の、

    エンディングの恋ダンスは、MIKIKO先生が振り付けしているということ。

    この楽曲は星野源さんの『恋』ですが、PVの振り付け担当ももちろんMIKIKO先生です。

    伊勢丹の従業員500人をまとめ上げた宣伝や、リオ五輪閉会式の演出、そして恋ダンス。

    日本で大ブームを巻き起こした作品の多くにMIKIKO先生が携わっています。

    東京五輪の開会式の演出メンバーに選ばれるのも納得ですね!(辞退してしまいましたが)

    ほかにも多くのCMや舞台で振り付けを手掛けています。

    振付師MIKIKO先生が情熱大陸に出演!

    MIKIKO先生は、2017年4月23日放送の『情熱大陸』に出演しました。

    『情熱大陸』に出演するということは、その業界で一流の証。また努力や仕事への向き合い方が素晴らしい証です。

    この日MIKIKO先生は、perfumeの新曲『超来輪』の振り付けを考えるために、夜9時からスタジオに籠っていました。

    完成した『超来輪』の振り付けがこちら。

    情熱大陸でも言っていた「民族っぽさ」がありつつ、perfumeらしさもある素晴らしい振り付けになっています。

    また、こちらの電通ライブの対談動画でも、仕事に対する考え方を語っています。

    「やばいやばいやばい!とならないと燃えない」

    「(やろうと思えば)その場でパパっと作れるが、その感じが嫌だ」

    と語っていて、プロ意識の高さがわかりました。