SixTONESが文春砲&活動休止!?情報源と噂が出た理由について

2020年1月にデビューしたジャニーズグループ『SixTONES』

ジャニーズの次世代を担う若手筆頭のグループですが、なんとSNSで“活動休止になる説”が浮上しています。

あくまでも噂なので、信憑性は低く見積もっておいた方がいいですが、なぜ活動休止説が浮上したのか気になりますよね。

今回は、超人気グループ『SixTONES』の活動休止説の情報源や、噂が出た理由について解説していきます!

SixTONESに活動休止説が浮上

SixTONES
出典:HMV&BOOKS

SixTONESになんと“活動休止する説”が浮上しています。

この噂は2月6日(土)の夕方ごろから浮上したようです。

「活動休止する」

「週刊誌から何か報じられる」

「文春から記事が出る」

などといった情報が流れているようです。

SixTONESは活動休止する?文春砲は?

SixTONESは本当に活動休止するのか?

結論をいうと、活動休止する可能性は極めて低い(デマである可能性が極めて高い)です。

文春などの写真週刊誌から、SixTONESに関するスキャンダルが報じられるのか?

これも結論、文春砲が炸裂する可能性は低い(デマである可能性が高い)と言えます。

文春砲・活動休止説が出た理由

SixTONESに活動休止説・週刊誌にスクープされた説が浮上した理由は何なのか。

それはこの2つだと推測できます。

  • 田中樹が「解散したらMCをしたい」発言をしたこと
  • SixTONESが週刊誌の表紙を飾ることが「スキャンダルが出る」「文春砲が出る」と変化して広まったこと

田中樹「解散したらMCしたい」

SixTONESの田中樹さんがこの発言をしたのは、2月5日に放送された金スマでのことです。↓

この発言で心がざわざわしたというファンは多かった様子です。

なぜわざわざ「解散したら」なんて言葉を用いたのか。

どうやらこれが活動休止説に発展した一つの要因だと言われていますが、さすがにこの発言だけで「活動休止説」に変わったとは考えにくい。

週刊誌の表紙を飾ったこと

SixTONESの松村北斗さんが、2月10日発売の週刊誌『anan』の表紙を飾ることが決定しています。

anan(2月17日号)表紙:SixTONES松村北斗

出典:anan

『anan』の表紙を飾ることが「週刊誌に載る」と変化し、「週刊誌からスキャンダル出る?」「文春砲が出る?」となっていきました。

噂が独り歩きして肥大しただけ

結局のところ、『SixTONES活動休止説』は噂が独り歩きして肥大化したものでした。

田中樹さんの「解散したらMCしたい」発言も、松村北斗さんがananの表紙を飾ったのも、“種”にすぎません。

そこから、情報難民のヲタが「活動休止って何!?」「週刊誌に撮られたの!?」と騒ぎ立てたことで、Twitterのサジェストに『活動休止』『週刊誌』『文春』といった不穏なキーワードが浮上してしまい、さらに噂が肥大化していったのです。

『SixTONES』でのTwitterのサジェスト
SixTONE活動休止

サジェストにこんなキーワードが出てきたら、誰だってビックリしますよね。

「活動休止ってマジ!?」「週刊誌に載るの??」「文春って何??」とツイートしたくなる気持ちも分かります。

そしてそれがさらに噂を加速させていったのです。

週刊誌からSixTONESに関する記事が出る?

既に上述したように「週刊誌からSixTONESに関する記事が出る」というのは、松村北斗さんが2月10日発売のananの表紙を飾るという話です。

SixTONES 田中樹
SixTONES 田中樹
出典:文春オンライン

なので、SixTONEのスキャンダルが文春やFRIDAYといった写真週刊誌に載るといった話ではありません。

もちろん「出ない」とも言い切れませんが、現状そういった話はありません。

ヲタが騒げば騒ぐほど噂は加速し、逆に「デマだから騒ぐなよ」と言っても、それを言うことでTwitterのサジェストに『活動休止』『週刊誌』『文春』といったキーワードが浮上することになります。

SixTONES活動休止説を鎮静化させたいないなら、「この件に関して何もツイートしない」が一番の正解ですね。

トップ画像の出典:CINRA.NET