ワタナベマホトの本名の判明!漢字が複雑で難しいと話題に?

元YouTuberのワタナベマホトさんが逮捕されたという速報が、3月17日午後に入りました。

マホトさんは今年1月下旬に15歳少女に児ポしていたことが発覚し、YouTuberを引退しましたね。

結局逮捕されたのか?和解したのか?どうなったんだ…??と疑問に思う人もたくさんいたと思いますが、

2ヵ月近く経って忘れかけていた人もたくさんいたと思います。

そんななか、3月17日に逮捕されたワタナベマホトさんですが、ニュースで本名の漢字が明らかになりました。

その本名の漢字が複雑すぎると話題になっています。見ていきましょう!

ワタナベマホトの本名の漢字が判明!

ワタナベマホト

ワタナベマホトさんが、1月下旬に発覚した児童ポルノの件で、3月17日に逮捕されました。

そのニュースがこちらです。

引用:日テレニュース24

逮捕を報じるニュースには、渡辺摩萌峡と書いてありますね。

摩萌峡」と書いてマホトと読みます。

キラキラネームというか、まぁ唯一無二の名前ですよね。漢字まで考慮すると。

ワタナベマホトの出身は?

私は、ワタナベマホトさんの本名の漢字を見たとき、沖縄県の出身かな?と思いました。

沖縄出身の人で珍しい名前の人は多いですよね。

調べてみたところ、ワタナベマホトさん大分県生まれで、東京都・西東京市の出身でした。

マホトさんの変わった本名は出身地とは関係がないようです。

ワタナベマホト

親のセンスにより「摩萌峡」と命名されたということですが、ご両親は変わった人なのでしょうか?

なんと、マホトさんの親は現在無職なんだそうです!

マホトさんが数年前にYouTuber・歌手として売れ、年収が数千万円になったため、ご両親に仕事を辞めさせ一軒家をプレゼントしたそうです。

今後は俺が養っていく!と…その親孝行は素晴らしいが、不祥事で引退した今、家族もろとも大丈夫か?と心配になりますよね。

話を戻しますが、ご両親が何の職業をしていたのか不明で、どんな人なのかも不明です。

摩萌峡」と命名するくらいなので、変わっているのかしれませんね。

読めない本名にする親は、頭悪い?

ネット掲示板『2ちゃんねる』創設者のひろゆき氏が、とても面白い解説をしていました。

ひろゆき氏は、「キラキラネームの子はまず採用しない」と決めているそうで、その理由も話していました。

ワタナベマホトの本名の漢字に世間の感想は?

ワタナベマホトさんの本名の漢字が『渡辺摩萌峡』であると判明。

世間はどのような感想を抱いたのか。

ワタナベマホト

「クセがスゲェ!」「超絶キラキラネーム」「ヤンキーの当て字みたい」など様々な声が上がりました。