修正された厚労省カスハラ資料、「社会的地位の高い人、高かった人」はクレーマーになりやすい? 専門家に見立てを聞いた: J-CAST ニュースのポイントをまとめてみた


引用元のJ-cast様はこちらから
厚生労働省が公開したカスタマーハラスメント対策資料において、「社会的地位の高い人、高かった人、定年退職したシニア層が威張りちらす行為をする傾向がある」との記載が抗議を受けて削除されました。厚労省の雇用機会均等課の担当者は、高齢者差別との指摘を受け、不快に思う人がいる可能性を考慮しての対応と説明しました。なお、この記載は資料作成者の経験と知見に基づいたものであり、具体的データによる裏付けはなかったとしています。

厚生労働省のカスタマーハラスメント対策に関する資料が削除された理由とその背景

もくじ

背景と問題の発生

近年、カスタマーハラスメント(カスハラ)が大きな問題となりつつあります。これに対処するため、厚生労働省はカスハラ対策の資料を公開しました。しかし、その一部内容に関して抗議が寄せられ、削除される事態となりました。問題となった箇所は「威張りちらす行為」をする人々の説明に関する部分で、その中に「社会的地位の高い人、高かった人、定年退職したシニア層」との記述が含まれていました。

社会的地位の高い人々の行動傾向

資料作成の背景

削除された記載は、厚生労働省のハラスメント対策に関する情報サイトに掲載されていたもので、「職場におけるハラスメント対策(カスタマーハラスメント対策)」という資料の一部です。この資料をもとにした動画も公開されていましたが、2024年6月11日に修正された内容に差し替えられました。

抗議の中には「高齢者差別に当たるのではないか」との指摘が含まれており、厚生労働省の担当者によれば、そのような意図はまったくなかったものの、「資料を見てご不快に思われる方もいる可能性があることを考慮」し、削除に至ったとのことです。

資料の作成経緯

削除された記載は、雇用機会均等課が外部に委託して作成されたもので、資料の作成者の経験と知見に基づいた内容でした。厚労省の担当者によれば、「社会的地位の高い人、高かった人」といった記載はデータに基づくものではありませんでした。

カスタマーハラスメントと社会的地位

専門家の見解: 社会的地位とカスハラの関連性

この問題に関連する専門家の見解も注目されています。専門家によると、社会的地位の高い人々や定年退職したシニア層がカスハラを行う可能性がある背景には、長年の地位や権威を持っていた経験が影響しているとされています。これらの人々は、自分の意見や要求が通らないことに対して強いストレスや反発を感じることがあり、その結果として過剰な言動に繋がる場合があるのです。

問題点の整理

削除された記載に対する反発は、高齢者や社会的地位の高い人々に対する偏見を含む表現として受け取られたことが原因です。しかし、人々の行動傾向を理解するためには、背景や経験を考慮することが重要です。データに基づいた分析が不足していることが指摘されましたが、今後の対策にはこうした点を補う取り組みが求められるでしょう。

今後の対策と展望

政府の取り組み

厚生労働省は今回の事案を受けて、資料の内容を見直し、より具体的で客観的なデータに基づいた対策を進める意向を示しています。また、カスハラの問題を広く社会に理解してもらうための啓発活動も強化される予定です。

個人の理解と対応

企業や公共機関だけでなく、個人一人ひとりがハラスメントに対する認識を深め、適切な対応を心掛けることが重要です。社会的地位や年齢にかかわらず、相手に対する尊重の気持ちを持ち、お互いに気持ち良くコミュニケーションを図ることが、カスハラの減少につながるでしょう。

結論

今回の厚生労働省のカスタマーハラスメント対策資料の削除事件は、ハラスメント対策の難しさと、その背後にある多様な価値観や感受性を浮き彫りにしました。今後もこの問題に関しては、公平性を保ちつつ、データに基づいた具体的な対策が求められるでしょう。私たち一人ひとりがこの問題を理解し、適切な行動を心掛けることが、健全な社会を築く一助となります。

あなたにオススメ

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ