ビデオリサーチら3社、ライブ配信メディアの市場動向や広告価値をまとめたレポートを無償提供 若年層に人気のゲーム実況・VTuber配信視聴を対象 | Musicmanのポイントをまとめてみた


引用元のMusicMan様はこちらから

ライブ配信メディア市場調査レポート発表!広告価値と視聴動向を徹底解説

2024年7月4日、ビデオリサーチ、配信技術研究所(以下:配信技研)、そしてGLOEが若年層に人気のゲーム実況やVTuber配信視聴を中心としたライブ配信メディア市場に関する調査レポート「ライブ配信メディアレポート」を無償提供開始しました。本レポートの内容は、ビデオリサーチのコーポレートサイトからダウンロードできます。

もくじ

調査の背景と目的

本レポートは、ビデオリサーチが持つメディアリサーチや生活者研究の経験を基にした調査・分析の結果を中心に、ゲームやVTuber関連の番組制作やイベント運営を手掛ける配信技研およびGLOEの知見を融合して作成されています。このレポートの無料提供に伴い、9月上旬には内容をさらに詳しく解説するウェビナーも予定されています。

「ライブ配信メディアレポート」の主要トピックス

ライブ配信メディアの視聴時間

調査によると、TwitchやOPENREC.tvのようなゲーム実況に特化したライブ配信メディアは、テレビやYouTubeに比べて利用者数は少ないものの、視聴時間が長い特徴があります。(図表1)。

ライブ配信視聴者の特徴

ライブ配信を視聴するユーザーのうち、特に15~19歳の割合が高く、男女ともに若年層が多いことが分かりました。この調査対象は、YouTube LiveやTwitchでゲーム実況やVTuberの動画を月に1回以上視聴している人々です(図表2)。

広告手法と広告価値

ライブ配信メディア特有の「バナーロール広告」(ライブ配信の画面内に表示される静止画広告)は、配信者が宣伝していると認識されやすく、商品の好感度を高める効果があることが分かりました。「好感を持った」と回答したユーザーも多く、これにより企業やブランドが、配信者を支援していると見なされているようです(図表3)。

ライブ配信メディアレポート調査概要

  • 調査手法:WEB調査(ウェブアンケートパネル調査)
  • 調査期間:2024年1月26日~28日
  • 調査対象:全国の15~49歳男女個人、且つYouTube LiveやTwitchで月に1回以上ゲーム実況やVTuberの動画を視聴している人
  • サンプル数:【事前調査】53,635人【本調査】2,403人
  • 集計方法:住民基本台帳に基づく性別年代構成でウェイトバック集計

各社の役割と貢献

  • ビデオリサーチ

    • 視聴率などマスメディアを測定し提供してきた知見の共有
    • アンケート調査やデータ解析によるデータ提供・分析
  • 配信技研

    • ライブ配信データ解析ツール「GikenAccess」のデータ提供・分析
    • 配信者の活動支援実績による知見共有
  • GLOE
    • ライブ配信市場内の各ステークホルダーの調整
    • eスポーツイベントの企画・運営による知見共有

結論

ライブ配信メディア市場は、特に若年層を中心に大きな影響力を持っており、長時間にわたる視聴が行われています。また、特有の広告手法が商品の好感度向上に寄与しており、企業にとって有用なマーケティング手段となる可能性があります。本レポートやウェビナーを通じて得られる知見を活用し、今後のマーケティング戦略に生かしていくことが期待されます。

あなたにオススメ

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ