「AV女優が目立つって叩かれるよね」 三上悠亜の広告起用騒動めぐり…蒼井そらが持論: J-CAST ニュースのポイントをまとめてみた


引用元のJ-cast様はこちらから
元セクシー女優でタレントの蒼井そらさんが、2024年7月4日にXで、自身と同じ元セクシー女優である三上悠亜さんの広告起用について賛否両論が巻き起こっていることに対し、意見を述べました。蒼井さんは、AV女優が目立つことに対する批判や誹謗中傷に対し、自分はSNSから距離を置いたと明かし、中傷に負ける形になったと述べました。また、三上さんの広告起用に対する批判に対し、個々の価値観の違いを強調し、自分はブランド力が下がるとは思わないと述べました。さらに、三上さんの現在の活動を見て憧れることが、必ずしもAV女優になりたいという動機に直結するとは限らないと疑問を呈しました。

蒼井そらさん、三上悠亜さんの広告起用に対する持論を展開

もくじ

背景

2024年7月4日、元セクシー女優でタレントの蒼井そらさんがSNSで自身の見解を発表しました。これは、同じく元セクシー女優でタレントの三上悠亜さんが帽子ブランドの広告に起用されたことが賛否を呼んでいることが背景にあります。

蒼井そらさんのコメント

蒼井さんは、「AV女優が目立つって叩かれるよね」という言葉で自身の意見をスタートし、「子ども産んでからそういう誹謗中傷を目にするのが面倒になってエゴサやめて、SNS離れしたら攻撃されてる事も知らなくなった」と語りました。そして、「ただそれした結果、AV女優はおとなしくしとけ、って中傷に従った形になったよ。いやね(笑)」と、自身のSNS利用減少が逆に批判に屈したかのように見られていることを嘆きました。

一般ユーザーとのやり取り

ある一般ユーザーが、「セクシー女優は子どもの憧れになるべきではなく、企業は広告起用をするべきではない」などとするインフルエンサーの動画キャプチャとともに、三上さんの広告起用がブランドの価値を下げたと指摘しました。

これに対して蒼井さんは、「あなたの価値観ではそう見えてるって話よね。だから別に否定はしない。でも私はブランド力が下がったとは思わない。私はそう言う価値観」というコメントを返しました。このように、他人の見解を尊重しながらも、自身の意見を明確に示しました。

三上悠亜さんの活動に対する評価

さらに蒼井さんは、「今の三上悠亜ちゃんの活動を見て憧れたとしても、三上悠亜ちゃんみたいになりたいからAV女優になりたい!ってなるのかね。」と疑問を投げかけました。「憧れの職業になるべきでは無いのは分かるけど、今の活動を見て、だからAV女優になりたい!ってなるわけ??もしなるなら見当違いじゃない?その子」と続け、三上さんの現在の活動が直接的にAV女優への道を選ぶ動機にはならないだろうという見解を述べました。

まとめ

蒼井そらさんは、三上悠亜さんの広告起用に対する批判に対して、自己の価値観を基に持論を展開しました。特に、「AV女優が目立つことが批判される」という風潮に疑問を投げかけ、自身の経験からくるリアリティな意見を述べました。

これにより、元セクシー女優としての活動や社会的な認識について、より深く考えるきっかけとなることでしょう。引き続き注目が集まる彼女たちの活動を見守りたいと思います。

あなたにオススメ

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ