市長時代に培った手法駆使、石丸伸二氏のネット戦略とは 都知事選で2位、こうして若者に食い込んだ: J-CAST ニュースのポイントをまとめてみた

引用元のJ-cast様はこちらから

2024年7月7日に投開票された東京都知事選で前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)が2位に躍進し、そのネット戦略が注目されています。石丸氏は市長時代からSNSを駆使し、10代や20代の若者からの圧倒的な支持を得ました。選挙期間中、選挙カーに「SNS投稿OK」「撮影・拡散OK」のステッカーを貼り、YouTubeチャンネルなどで配信を行い、支持を広げました。この戦略により、ボランティアが約5000人に達し、石丸氏の登録者数約30万人のチャンネル動画は8万回以上視聴されました。

東京都知事選2024:石丸伸二氏のネット戦略と躍進

石丸伸二氏
写真:石丸伸二氏

2024年7月7日に投開票が行われた東京都知事選挙で、元広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)が2位に躍進し、その徹底したネット戦略が注目を集めています。

もくじ

若者からの圧倒的な支持

石丸氏は市長時代からSNSを活用しており、特に選挙戦では10代、20代の若者から圧倒的な支持を得ています。これはどのような戦略に基づいたものだったのでしょうか。

石丸伸二のまるチャンネル
写真:石丸伸二のまるチャンネル@shinji_ishimaru_1982から

SNS投稿と拡散を最大限に活用

選挙カーに「SNS投稿OK」「撮影・拡散OK」のステッカー

選挙戦最終日の7月6日夜、石丸氏の選挙カーが東京駅の丸の内駅前広場に登場しました。彼が演説を始めると、聴衆からは「伸二!伸二!」と大きなコールと手拍子が起こりました。この様子は石丸氏の公式YouTubeチャンネル「石丸伸二のまるチャンネル」で配信され、多くの人の注目を集めました。

演説では、石丸氏がメガバンク時代の経歴やニューヨークでの駐在経験について語り、都知事選に立候補する思いを明かしました。「ここに来れて、本当によかった!」という感慨深い言葉に、集まった支援者たちから大きな拍手と歓声が沸き上がりました。

この動画も大きな反響を呼び、8万回以上視聴されました。登録者数約30万人を持つ「石丸伸二のまるチャンネル」は、3位の蓮舫氏(56)の約1万人、3選を果たした小池百合子氏(71)の約3700人を大きく上回っています。

選挙期間中、石丸氏は選挙カーに「SNS投稿OK」「撮影・拡散OK」のステッカーを貼り付けるなど、ネット上での拡散を狙いました。これにより、チャンネルの切り抜き動画や聴衆が撮影した動画がSNS上で拡散され、それを見た支援者が次々と集まりました。報道によれば、選挙期間中のボランティアは約5000人に達したとされています。

石丸氏のSNS戦略の起源

この手法は、石丸氏が安芸高田市長時代から培ってきたものです。当時、彼は「居眠り議員」をSNS上で糾弾し、議会を敵対勢力として描きながら自らの支持を得る手法を取っていました。その結果、石丸氏はネットで注目を集め、マスコミによって報道されることとなりました。さらに、それに対する会見での批判により話題が拡散され、石丸氏の名前が広まっていきました。

石丸伸二氏の徹底したネット戦略は、現代の選挙戦においてSNSの重要性を示すものとなりました。伝統的なメディアを超えた効果的なコミュニケーション手法として、多くの人々に影響を与えることができたのです。

これからの選挙戦においても、石丸氏のようなSNSを活用した戦略がますます重要になってくることでしょう。彼の成功例は、多くの政治家や選挙候補者にとっても大いに参考になるはずです。石丸氏の今後の活動にも注目していきたいと思います。

あなたにオススメ

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ