影山優佳が大学受験を諦めた理由は?東大志望のはずが最終学歴『高卒』に!

日向坂46の秀才・影山優佳さん。

伊沢拓司さんも絶賛するほどの知識量と賢さで、各クイズ番組から“争奪戦”が行われているほど逸材です。

「勉強が大好き」だと公言していて、高校生の時はクイズ研究会にも所属していました。

そんな影山優佳さんは現在21歳なので、有名大学に在籍中であるかと思われていましたが、

なんと大学受験は諦めていて最終学歴が“高卒”であることをカミングアウトしたのです。

今回は、明らかになった影山優佳さんの本当の学歴や、大学受験の挫折についてまとめていきます!

もくじ

影山優佳の中学・高校は『筑波大学附属』

高校を卒業した影山優佳
出典:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/34008

影山優佳の簡単プロフィール

年齢:21(2001年5月8日生まれ)

出身:東京都

職業:アイドル/日向坂46の一期生

略歴:

AKB48(2期生)のドラフト会議に最終候補まで残るも落選。2016年5月にけやき坂46(ひらがなけやき/日向坂46の前身)に合格。学業を優先し2018年6月から2年間アイドル活動を休止。復帰後は女優やサッカー番組、クイズ番組など独自の分野で活躍し、2022年上半期タレントパワーランキング女性部門で4位の快挙を達成。

影山優佳さん自身が明かしていますが、筑波大学附属を卒業しています。

通称「筑附(つくふ)」と呼ばれるこの学校は中高一貫校なので、中学・高校ともこの学校に通っていました。

筑波大学付属中学・高等学校
筑波大学付属中学・高等学校

影山さんが通っていた筑波大学附属は、めちゃくちゃ頭が良いことで有名で

中学:75

高校:77

という全国でもトップ10に入るほどの偏差値を誇る学校です。

筑波大学附属高校を卒業した影山優佳

影山優佳さんがAKB48二期生のドラフト会議に出たのが中学2年生の時。

けやき坂46一期生のオーディションに合格したのが高校1年生のときでした。

AKB48二期生のドラフト会議で落選が決まったときの影山優佳
AKB48二期生ドラフト会議のときの影山優佳

高校時代はクイズ研究会に所属していましたが、

筑附のクイズ研究会は『東大王』や『ネプリーグ』に出演したことがあるほどの強豪で、

東大王を卒業した鈴木光さんもこのクイズ研究会の先輩です。

鈴木光
鈴木光

「大の勉強好き」として知られる影山優佳さんは、高校時代、毎朝早起きして3時間勉強していました。

筑附の学生からしたら3時間“しか”ですが、

影山さんは多趣味で他にも好きなことがあったので、なるべく午前中のうちに勉強を済ませていたそうです。

公民が得意(好き)で、数学や理科は苦手だという。

たしかに知識量がスゴイイメージはありますが、数学などの計算問題をしているイメージはあまりありません。

高校時代の影山優佳
高校時代の影山優佳

また高校時代は友人にも恵まれ、楽しそうな学校生活をよく公式ブログに綴っていました。

小さい頃はお医者さんになることが夢で、高校時代は政治家にも興味を持ち始めました。

両親から無理矢理勉強をさせられたことはないと言うが、

小学3年生のクリスマスに山積みの参考書をプレゼントされたときは激怒して号泣したそうです。笑

影山優佳は東大を志望し2年間活動を休止

2016年5月にけやき坂46としてアイドルデビューした影山優佳さんですが、

2018年6月にアイドル活動休止を発表しました。

活動休止を発表した影山優佳

影山さんはかねてから東京大学の文一を志望していることを明かしていました。

2年後に復帰した際には、番組内で東大に落ちたことをイジられていました。

東大には落ちてしまいましたが、

 

滑り止めとして早稲田慶応上智、一橋あたりに受かったのでは?

というふうに噂されていました。

しかし、

なぜか影山さんの大学での目撃情報が一切ないこと

さらに、中学と高校の学校名を明かしているのに、大学名は明かさない点が不自然ではありました。

影山優佳は大学受験を諦め、“高卒”で社会人に

誰もが、影山優佳さんはどこかの大学に通われているのだと思っていた。

しかし!

2022年7月17日にTBSで放送された『セルフDocumentary of 日向坂46』の第8回放送にて、

大学受験を諦めていたことを明かしました。

アイドル界イチの秀才である影山優佳さんは、

なんと“高卒”で社会に進むことを選んでいたのです。

大学受験を諦めた理由

影山優佳

大学受験を諦めた理由を、ブログでは「原因の分からない体調不良」だと明かしていました。

2018年に学業専念のため活動休止をしておりましたが、
原因のわからない体調不良により受験を諦めなければならなくなりました。

また少し話は変わりまして、休業決意に関して、

そのきっかけは受験ではなく高校をきちんと卒業するために休業いたしました。

引用:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/44766?ima=0000&cd=member

このようにブログでは、端的に大学受験挫折の真相について明かしましたが、ドキュメンタリーではもっと深く語っています。

高校時代に学業とアイドルを両立させていた時が一番辛くて、

ストレスや余裕のなさからメンバーにキツくあたってしまい、そんな自分に自己嫌悪するなかで「この状況を何とかしなきゃ」「どちらかに絞らないといけない」と活動休止を選択。

影山優佳

しかし、

  • 学校のテスト
  • 受験のプレッシャー、
  • 「結果を出して復帰しなければいけない」という自身へのプレッシャー

この3つのプレッシャーがのしかかっていたこと。

さらに自身のメンタルと反比例するようにグループが大躍進し、言葉に出来ない“焦り”のようなものも生まれ、結果的に体調を崩してしまったのだという。(医者には「原因不明」と言われたが)

体調を崩したことにより受験勉強すら厳しくなり、

とりあえず高校を卒業することに専念するしかなくなった、というわけです。

大学受験を諦めたことを公表しなかった理由

では、影山優佳さんはなぜ大学受験を諦めていたことを内緒にし続けていたのでしょうか。

ブログでこのように語っています。

次に、受験や休業について今まで秘密にしていた理由についてお話ししていきます。

私の理想のアイドルは、常に笑顔でキラキラしていて、人に勇気や元気を届けてといった姿でした。

メンバーやおひさま、お仕事を一緒にしてくださるみなさまに心配をかけたくなくて、

「落ちたことにして笑ってもらおう!」と、私は私自身に嘘をつき続けることを心に決めました。

もともとの性格として、自分の身を削ってその粉が舞うことでのみ輝くことができる不器用人間だと思っていたので、

そんな見栄張りが私の心を守り、蝕んでいました。

引用:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/44766?ima=0000&cd=member

ファンに心配をかけたくなかったことや、

「理想のアイドルとは、常にキラキラしていて元気を届けるもの」という影山さん自身のアイドルの哲学。そして強いプロ意識からくるものでした。

影山優佳の知識量と賢さはレベルが違う?

高学歴のアイドルは他にもたくさんいますが、

影山優佳さんの知識量の多さや賢さ、少し喋るだけで溢れ出る知性の高さは一線を画します。

謎解きの問題を自ら考案したり、番組で器用にMCをこなしたり、クイズ番組に出ては結果を残したり…

林先生に勝った!?

特に話題になったのは、『林先生の初耳学』に出演したときのことでした。

林先生が外した問題を、影山優佳さんが見事な推理で正解するという。

しかも正解に至るまでの説明も簡潔で分かりやすく、1分ほど喋るだけで「この人は頭が良い」と誰もが感じます。

勉強が趣味

影山優佳さんは『勉強』が趣味であることを公言しています。

『勉強』というのは学校の勉強もそうですが、資格や英会話やクイズの勉強。

もっと広義に言えば「学ぶこと」すべてが影山さんにとっては『勉強』であり趣味です。

影山さんはショートスリーパーで、1日の睡眠時間は3時間くらいとのこと。

人よりも活動時間が多くて、そのうえで“学びの化け物”であるため、知識量が豊富で賢いのも納得です。

サッカーに麻雀、クイズや謎解きも

影山優佳さんは、他のクイズタレントのように「浅く広い」知識を持っていながら、

特定のジャンルに対してもの凄く深い知識を持っています。

例えば『サッカー』。

サッカーの戦術分析が趣味で、4級審判の資格を持つ影山さん。

アイドルとしてのキャッチコピーは

「あなたのハートにゲーゲンプレス」

ですが、この『ゲーゲンプレス』とは、現リヴァプール監督のユンゲル・クロップ氏が広めたサッカーにおける守備の戦術のことであり、

コアなサッカーファンしか知らないマニアックなフレーズです。

サッカーの戦術分析が趣味な影山さんは、お風呂にホワイドボードを持ち込んでずっとマグネットを動かしているとのこと。

さらにここ何年もサッカーの試合を見ない日はなく、1日に何試合も見ているそうです。

日本のJ2・J3のサッカーや、海外の2部リーグの試合もチェックしていて、

サッカートークを始めると元プロサッカー選手のゲストもついていけなくなるほど。

好きなチームは現プレミアリーグ1部の『リーズ・ユナイテッド』で、好きな選手はコナー・コーディ選手ですが、マニアックすぎるのでコアなマニアでなければ分かりません。笑

サッカー以外では『麻雀』『謎解き』にも深い知識があります。

謎解きは自分で問題を作り、日向坂の冠番組で企画として行われるほどです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読み終わったらシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ